良い名前を選ぶために

名前だけで赤ちゃんを幸運に導くかのようにPRする名付け(名づけ)命名サイトが見受けられます。それが事実だとすると、画数(字画)から占う姓名判断なら、同姓同名の人は同じ結果になるはずです。
しかし、実際にはそうでないことは言うまでもありません。良い名前をつけるためには、画数以外にさまざまなファクターがあり、それを活用することで良い名前を見つけることができるのです。
そして、良い名前を選ぶためには、生まれ持った生命エネルギーにマッチした字画(画数)を選ぶことが重要です!・・・・・・詳しくは、『名づけて命名館』をご覧ください。当ブログ『名づけと命名の辞典&字典』では、赤ちゃんの名付け(名づけ)と命名から、改名にも使う漢字や文字が持つ意味を解説しています。

このブログは、良い名前を見つけるためのファクターの一つである、文字の意味を知るための辞典であり、文字を選ぶための字典でもあります。

名付け(名づけ)命名シリーズブログ

当ブログの姉妹サイト(下記)も、参考にして頂ければ幸いです。
★『名付け(名づけ)・命名の辞典&字典☆[イメージ別分類編]』
★『名付け(名づけ)命名&改名のための吉名ガイドブック 』

最新記事はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2008年09月28日

名付け(名づけ)命名、名前の漢字「乙(1画)」の読みと意味!

【乙】
音読み:オツ・オチ・イツ
訓読み:おと・きのと

《人名例》いつ・お・おと・き・きのと・くに・くま・たか・つぎ・つぐ・と・とどむ・めり。

《分類》象形文字・指示文字


【解字】「乙」という字は、『説文解字』に「春に草木の婉曲(エンキョク)して出(いず)るを象(かたど)る」と書かれており、種子から新芽が芽吹いた発芽の状態を形容したものです。「支え曲がって止まること(『漢字源』)」と解説している辞書もありますが、実際には使え曲がって止まる状況を打ち破って伸びようとする意味と解釈するのが適切でしょう。
また、白川静先生の『常用字解』では、「獣の骨の形」と解説されていますが、獣骨を象(かたど)った漢字は他にもあり、原義とは異なるように思われます。

乙は数の“二つ”を意味するものです。中国では、純粋に数字を表す「一・二・三・四・五・六・七・八・九・十」以外に、状態の循環を表すものとして、「十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)」や「十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)」が使われています。ちなみに、物事の優劣を意味する熟語に「甲乙(コウオツ)」というがありますが、これは数字一と二を甲と乙に置き換えたものであり、乙が劣っているということではありません。

乙を用いた言葉に、少女とか未婚の女性を意味する「乙女(おとめ)」という和製熟語があります。これは既婚の成熟した女性よりも劣った女性という意味ではなく、成長過程の初々しさを備えた女性を意味しているのであり、和製熟語としては乙という字の字義を見事に解釈した熟語だと思います。

このように、乙という漢字は「一」と同様に、もしくはそれ以上に強いエネルギーを持ちますので、名前漢字としては使い方が難しい名前漢字です。その反面、姓(名字・苗字)や生まれ持った生命エネルギーとの調和ができれば、素晴らしい効果を発揮するでしょう。

このブログは、「ブログランキング」に参加しています。よろしければ、応援クリックをお願いします。
         人気ブログランキング
テクノラティプロフィール 
・・・最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。《多謝!》


【関連する記事】
posted by 右京 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 名づけと命名の漢字1画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。